住まいの地震対策について

住まいの地震対策として重要なのは地震が起きた瞬間の怪我防止と地震後の生活グッズなどの確保です

住まいの地震対策について

住まいの地震対策について

住まいの地震対策として重要なのがまず地震が起きたときにどうやって怪我を防ぐか、避難経路を作るか、逃げ込む場所はどこかだと思います。
防災グッズなどをどれだけ準備していても地震の最中にけがをしてしまっては役に立たなくなってしまったり地震で手の届かない場所へやってしまったりすることもあるからです。
よって、まずは地震発生の瞬間にすることを明確にすればいいと思います。
よく言われるのが火元の確認、ドアの解放などですが、まずは自分の身の安全の確保だと思います。
火元に近づいて油や火が飛び散ってくることがあるので火元の確認は地震がある程度おさまってからのほうがいいと思います。
昔、何件かこのような火元の不注意で大けがをした人が数人いると聞きます。
できるだけ火元には注意したほうがいいでしょう。

次に、地震発生後の対策です。
地震が収まった後でも建物の中にとどまるのは危険です。
倒壊する可能性もあるし、もし余震などで崩壊してしまっては、地震から助かったのにもったいないです。
なので、地震が起きた後は、速やかに必要最低限のものを集めて、直ちに建物の外に出ることをお勧めします。
必要最低限のものとして、3日分ほどの食料と水、火の元になるマッチやライター、ビニール袋、携帯と充電器、財布、地図、車の鍵などを玄関などの避難経路においてを苦といいと思います。
避難するときはできれば徒歩がいいと思います。
なぜなら、車だとほかの人の邪魔になったり、エコノミークラス症候群などの病気を引きおこしたり、暴動などが起きたときの標的にされてしますことがあるかもしれないからです。
その後は国の指定している避難場所に行ったり家族と約束している場所で家族と落ち合ったりするとよいでしょう。
地震の対策の全体の注意点として家族や知り合いなど人と一緒に行動することや日ごろから国や自治体が行っている避難訓練に参加したり、避難時の動き方などをシュミレーションしておくことも重要だと思います。

話題のワード、役立つこのサイトがおすすめ。

Copyright (C)2014住まいの地震対策について.All rights reserved.